キャンピングカーなんでもQ&A


キャンピングカーよくある質問

キャンピングカーよくある質問
        
                ビギナー編
キャンピングカーよくある質問
        
    アネックスキャンピングカー編
キャンピングカーよくある質問
        
      キャンピングカー装備・設備
キャンピングカーよくある質問
        
                メンテナンス編




公開
 キャンピングカー

ホームページのリニューアルにともない、
質問受付を現在休止いたしております。
なお、過去の質問と回答はご覧いただくことができます。


 

 

                
                                               HOME PAGE

 

 

     よくある質問  ビギナー編 10項目

Q 1

  キャンパーは、大型自動車運転免許が必要なのですか?

A 1

  乗車定員10人までのキャンパーは普通免許でOKです。
  (アネックスの製品はすべて普通自動車運転免許で運転できます)
 
Q 2   車検は1年毎に受けなければいけないのですか?
A 2   普通車と同じ2年車検です。ただし新車での初回車検有効年数も
  2年ですが、10年経っても変わらず2年車検となります。
  

Q 3

  キャンパーの自動車税は高いのですか?

A 3

 キャンパーの税金(自動車税)は、各都道府県により異なり
 ます。ですので、一概に安い、高いとは言えませんが、ほとんどの
 都道府県では、乗用車より安いようです。
 

Q 4

  キャンパーの維持費は高いの?

A 4

 上記質問3の答えと重複しますが、自動車税が各都道府県により異な
 るとしても、ほとんどの都道府県では普通乗用車よりも安いものである
 と思います。自賠責保険のみ普通車と比べ高いとは言え、2年間で
 5000円ほどです。それでも、その他の経費で、安いのは重量税、
 任意保険などがあるので、総合的にはほとんどの地区で普通車よりも
 安く済みます。
  

Q 5

 キャンパーを持ってる人は買い物、通勤はどうしてるのですか?

A 5

 いろんな人がおります。やはりその人の生活によって違う様です。
 ほとんどの立体駐車場は車高が2.1Mを越えますと入れません。
 ですので、郊外ならともかく、都心のほうでは2M以下の車でないと
 立体駐車場には入れません。2M以下となると、ハイエースでも
 ロールーフくらい。キャンピングカーではロールーフ車をベースにした
 ポップアップルーフ車以外このサイズに収まる車はほとんどありま
 せん。ですので、そういう車で買い物に行かれてる方は、そういった
 車で行けるところ(立体駐車場以外のところ)をご自分で見つけて、
 通われてる方が、多い様です。また、そういった立体駐車場に入る車
 (足代わりの安い車)を買われて行かれてる方が多い様です。
 ちなみに、私の知ってる人だけでも、通勤に使ってる方は結構多い
 ですよ。
 

Q 6

  キャンピングカーって壊れたときはどうするの?

A 6

 キャンピングカーと言っても色々ありますが、アネックスで製造してる
 キャンピングカーは、すべて国産車体メーカーの車をベースに使って
 ます。ですので、ベース車の部分で壊れたものに関しては、お近くの
 カーディーラー(取扱店)で修理して頂けます。また架装部分に関して
 は,購入されたキャンピングカー販売店で見ていただけます。
 

Q 7

 キャンピングカーの中の電気はどこからとってるの。

A 7

 電源は元々車についているバッテリーと別にもう一つバッテリーを
 積んでます。その2つ目のバッテリーからとっています。また、その
 バッテリーへの充電はキャンピングカーによっても異なりますが、
 エンジンをかけて充電させる方法と外部から家庭用の電源(100V)
 から充電させる方法をとっている車が多い様です。
 

Q 8

 トイレで使用した汚物の処理はどうするの?

A 8

 ほとんどの車は、トイレ専用の汚物タンクが付いてます。
 (トイレ装着車のみ)そのタンクを外し、家庭のトイレや、キャンプ場の
 トイレなどで捨てられます。
 

Q 9

 夏場は暑くないの? エアコンは付いてるの?

A 9

 運転席まわりのエアコン以外にリヤクーラーというものが別に付いて
 います。(車によって違いますが、標準装備車以外でも取付は可能で
 す) 但し、車に付いてるエアコンはエンジンをかけてるときだけしか
 使えません。ルーフエアコンというものを取り付ければ、エンジンを
 かけて無くても使えます。(但し、外部電源か、発電機が必要です)
  

Q 10

 キャンピングカーには、基準や規格というものはあるのですか?

A 10

 一般の普通乗用車と同じで、自動車保安基準の中でキャンピング
 カー構造用件というものがあり、その中で乗車定員や、就寝設備の
 基準など細かく 規格があります。  

  

 

 

 

     よくある質問アネックスキャンピングカー

Q 1

 アネックスのキャンピングカーはトヨタ車をベースにしてる車が多い
 ですがベース車の変更は可能ですか?(リバティ、マックス、ヘブン)

A 1

 可能です。キャンピングカーのベースにトヨタ車を標準としてる理由は
 価格が安いというところ、また、カムロードの様にキャンピングカーの  
 事を良く考えてベース車の仕様を変更をしてくれてるからです。 
 

Q 2

 よく、アネックスのキャンピングカーは断熱性に優れてるとききます。
 アネックスのキャンピングカーは断熱材が入ってるとききましたが
 他のメーカーの車でも断熱材は、みんな入っています。どこか特別
 に違う所はあるのですか? 

A 2

  断熱材と言っても色々種類があります。簡単に説明しますと、他社
 キャンピングカーの多くは軟質の発泡ウレタンを多く使っています。
 わかりやすく言うと、スポンジと考えてください。この素材は、自由に
 曲がったパネルに張ることが出来てとても便利です。しかし、スポン
 ジを片側から口に付けて息を吹きかけると、その息は、反対面に
 抜けます。私たちのキャンピングカーで使ってる断熱材は、硬質の
 発泡ウレタンです。この素材ではほとんど空気を通さず、断熱性では
 軟質発泡ウレタンより優れてます。一般建築で、最近多い2×4
 (ツーバイフォ)住宅と同じ硬質発泡ウレタンを使っています。  
 

Q 3

 ボディは何の素材で出来てるの?

A 3

 ボディ(架装部分)は、主に、FRP(強化プラスチック)、発砲ウレタン
 アルミチューブ、内装材(ベニヤ板)をプレスしたパネル ”ハイドロ
 バックパネル”を組み上げて作っています。
 このパネルは軽量で高剛性、そして何より断熱性に優れています。
 

Q 4

 ボディは一体成形の方が剛性に対して優れてると聞きましたが?

A 4

 アネックスの製品はパネル製法です。世界中のキャンピングカー
 を見ても、このパネル方式で作られてる車は非常に多く、ほとんどの
 メーカーのキャンピングカーはパネル方式で作られています。
 (ハイドロバックパネル・アルミパネル・FRPパネル含む)
 また、剛性度ではパネル方式でもパネルを組み合わせることにより
 剛性を出すことは可能です。特にこのハイドロバックパネルは、
 パネル単体でも高強度、高剛性のパネルのため、組み合わて
 一つの箱にすることで、高剛性ボディになります。
 

Q 5

 アネックスキャンピングカーのボディ仕上げは自動車塗装をしてると
 聞きました。他社製品は、自動車用塗装ではなく、ボディ材のFRP
 専用の保護処理でゲルコート仕上げをしてると聞きます。
 いったいどちらが優れてるのでしょう。

A 5

 私たちのキャンピングカーのボディ仕上げは、ゲルコート処理してる
 上から自動車専用の塗装処理で仕上げています。なのでゲルコート
 処理のかわりに塗装してる訳ではありません。これは、決して特別な
 ことではなく一般の自動車用部品(エアロパーツやバンパースポイラ
 等)では、当然の様に行われてる方法です。
 

Q 6

  窓ガラスはアクリル窓の方が軽いと聞きましたが?

A 6

   架装部分に取り付けられてる窓は、ガラスタイプとアクリルタイプが
  ありますが当社では一部を除き、ガラスタイプの2重窓を採用して
  おります。確かにアクリルタイプの方が軽量ですが、ただ強度面で
  大きく変わります。一般の乗用車等では乗員が事故時の衝撃などで
 車外に飛び出し死亡する例が多く聞かれます。シートベルトなども
 その車外へ飛び出すのを防止させる一つの道具です。
 ガラス2重窓は、窓ガラスを固定している部分(フレーム)はアルミ材
 で出来ているので強度面でも強く、また、そのフレームは、乗用車と
 同じ方法で、ボディに接着剤と専用ビスで固定されていて、乗員が
 車外へ飛び出すのを防止しています。
 アネックスのキャンピングカーは安全を最優先しています。
 

Q 7

 屋根の上には登れるの?

A 7

 ルーフ部もハイドロバックパネルで作られてるので問題ありません。
 製造時、ルーフエアコンを取り付ける時などに、数人で車の屋根に
 登り作業する事もありますが、全然問題ありません。
 

Q 8

  キャンピングカーに付いているガスはどこで扱ってるの?

A 8

 設置型ガスボンベは、5KGのプロパンガスボンベを使ってます。
 このボンベは取り外しが可能ですので、取り外して、最寄りのガス
 充填所で、充填していただけます。
 

Q 9

  よく、結露するとすごいと聞きます。結露対策を各メーカーは、して
 るのですか? アネックスは、何か対策してますか?

A 9

  結露対策は十分と言っても過言でないと思います。壁、床、天井材
  の全ては、ハイドロバックパネルを採用してるので結露対策は十分
 です。また、ガラス窓面は2重窓を採用しているので、ガラス面での
 結露も心配ありません。もちろんカーテンも全車標準で採用してい
 ます。こちらも結露対策には欠かせません。
 

Q 10

  サブバッテリーの保護は、どういう形で保護してるのですか?

A 10

  標準モデル(オプション装着車以外)での充電方法は、大きく分けて
  走行充電と外部充電の2系統です。走行充電は、ICでコントロール
  し、メインバッテリーを 最優先に保護しながら、メインバッテリーの
 充電で余った電気だけサブバッテリーに回し充電します。この際、
 サブバッテリーの事を考えて、充電量をコントロールして充電します。
 また、満充電時の過充電保護回路はエンジンのレギュレーターで
 コントロールしています。また、負荷の使用量が、多い時に威力を
 発揮する過放電防止機能も付いています。このすべてのシステムは
 サブバッテリーの保護を第一に考えた為です。また、外部充電では
 定電圧(13.8V)の充電方法をとって、過充電防止を計っています。 

 

 

 

 

     よくある質問キャンピングカー装備・設備編

Q 1

  FFヒーターはガスがいいの?? 軽油がいいの??

A 1

  FFヒーターの燃料は、ガス、軽油、ガソリン式があります。一概に
  一言でどちらが良いとは言えません。ガス燃焼式の良いところは
  とにかく音が静か、というところです。悪い点は、ガスボンベを別に
  置く所が必要になるので場所を取るぐらいでしょう。また軽油燃焼式
 ガソリン燃焼式は、共に車の燃料タンクから直接燃料を取る事が
  出来るので、設置場所が少なく済み小型のキャンピングカーに多く
 取付られてます。悪い点はガスに比べ燃焼の音が少しするくらい
 です。
 

Q 2

  サブバッテリーはなんでも良いの?

A 2

   私どものキャンピングカーに取り付けられているバッテリーは、サイ
  クルバッテリーを使用しております。このバッテリーは、常時満充電
  状態で使うメインバッテリーと違い、ある程度まで蓄えていた電気を
  使い、無くなると、また充電をさせるため、通常のバッテリーよりも
  充放電に対して強くなってます。このバッテリーは主に電気自動車
  や、ゴルフ場の電動カート等に使われております。メインバッテリー
  と同じ形をしてますが、実は違うのです。(全車標準装備)
 

Q 3

  カセットトイレ・ポータブルトイレどちらが良いの?

A 3

  こちらも一言では言い切れませんね。仕組みはほとんど同じです。
  ただ、違うのは固定式か、移動式(簡易)の違いぐらいでしょう。
  カセットトイレは、車に取付が必要で、車外から汚物タンクだけを
  取り外す事が可能です。カセットトイレといわれるのは、汚物タンクが
 カセット式で外せるからです。使い勝手は容易で便利ですが、固定
 する為、専用に場所が必要になります。主にシャワールームに取付
 されてます。 ポータブルトイレは、汚物タンクの上に便座が乗って
 います。ですので、汚物を捨てる時は、便座の部分を取り外さなけ
  ればならないですが、汚物タンクごと持ち運びが可能ですので、
  小型のキャンピングカー等ではとても便利です。また、価格がとても
  安いので車の設備としてではなく、持ち込み品として考えると、
  とても使い勝手が良い便利な製品と思います。
 

Q 4

  アルミホイルを付けたいのですが?

A 4

  キャンピングカーは、乗用車と違い、いろんな力がタイヤ/ホイルに
  かかり、影響します。ですので、ホイルのサイズが例え同じとしても
 必ず、耐加重を気にして下さい。ホイルには必ず耐荷重(何sまで
 耐えられるか)表示しています。まれに、特価品などで、表示してない
 ものがありますが、出所(製品を保証しているところ)が分からない
 製品は注意しましょう。 (特価品に多いため)   必ず耐荷重を気に
  して、その重量が、車検証に出ている重量に耐えられるものか確認
  しましょう。また、後で何か取り付けてる方は一度、重量を量りご自分
  の車の重量を調べておくと良いと思います。
 

Q 5

  スタッドレスタイヤは、はけるの?

A 5

  もちろんはけます。ベース車両がトラックなので、トラック用でお求め
 下さい。
 

Q 6

  タイヤはなんでも良いの?

A 6

  乗用車と比べますとタイヤに大きな負担をかけます。必ず、元々
  はいているタイヤと同サイズのものをはくようにしてください。
  サイズはタイヤの側面に記載しています。
    

Q 7

  車に付いているガスはどこで入れてくれるの?

A 7

  ガスボンベは日本規格のボンベを使っています。ボンベの充填は、
  全国どこでも、LPガス充填所で入れられます。
   

Q 8

  標準で付いているバッテリー(サブ)は、どれくらい持つのですか?

A 8

  基本的に65ahのバッテリーですので車内のすべての電気をつけっ
  ぱなしでは8H〜10H程度です。しかし、このバッテリーを上手く使う
  事により、一週間位持たせてる人が大勢います。
  要するに使い方一つです。
    

Q 9

  アネックスの製品は2段ベットが付いてる車が多いですがなぜ
  ですか?  2段ベットは何か良い使い道があるのですか?

A 9

  2段ベットの良いところは、ダイニングソファーやテーブルを外し、
  ベットにしなくても、そのダイニングに居る人達が休めるところに
  あります。例えば、夜遅く、お酒を飲んでいたとします。そこでお子
  さんや、あまりお酒を飲まない方がいるとすると、その人達はその
  まま、2段ベットでお休みになる事が出来るわけです。飲んべえの
  お父さん達は、その後も飲み続け、ダイニング部を片す事無く、
 そのまま休めるのです。また、使わない時はベット下が、外部から
 出し入れ出来る収納庫になるので非常に使い勝手が良くなります。
    

Q 10

  アネックスのキャンピングカーの中で、カセットコンロや、カセット
  ガスを、燃料で使う車が多いと思いますが、何故ですか?

A 10

  カセットガスを燃料として使っている車は、ほとんどが温水ボイラー
  の無いキャンパーに付いてます。ボイラーはガスの消費が比較的
  多いもので、ボイラー装着車に、カセットガスは使えません。
  ボイラーが付いてない車に、ガスの燃料用として何処(地方)にでもある
  コンビニエンスストアで販売しているカセットガスを燃料として使って
  いるのです。  

 

 


 

 

      よくある質問キャンピングカーメンテナンス

Q 1

  外部電源は常に付けっぱなしでも良いの?(常に充電)

A 1

  基本的にアネックスの全車には、自動で外部充電をカットする機能は
  ありません。但し、定電圧方法で充電しているため、その車により
  設定電圧が異なります。詳しくは、年式、車種、などを入れてお問い
  合せ下さい。折り返しお返事致します。
 

Q 2

  サブバッテリーの電解液がメインバッテリーと比べて無くなりやすい
  のですが異常ですか?

A 2

  サブバッテリーは、メインバッテリーと違い、充放電を繰り返しなが
  ら使っています。充放電を繰り返すということは、バッテリーの内部
  での化学変化が多くなるため、ガスが発生して、電解液がなくなり
  やすくなります。当社の製品では、サブバッテリーに開放型の液入り
  サイクルバッテリーを使っています。(キャブコン全車)
  このバッテリーは見た目が、メインバッテリーと、同じのため、電解
  液のチェックを忘れがちになってしまう様です。 
   
Q 3   ボディの屋根から黒いシミがたれてきていて、なかなか落ちません。   
  簡単に落とす方法はないですか?

A 3

  ほとんどの車(キャブコン車)の黒いシミは、水垢だと思われます。
 当社のキャンパーはボディ塗装をしてるので、一般の車用の水垢
  落としで落とせます。ただ、普通の車の水垢よりもしつこいので、
  落としきれない可能性も考えられます。その場合は、コンパウンド系
  の水垢落としで簡単に落とすことが出来ます。
     
Q 4   タイヤ交換するために、ジャッキをかけるところは何処にかければ
  良いですか?

A 4

  ベース車両のジャッキポイントにかけて下さい。
  それ以外(架装ボディ)にかけないで下さい。
 
Q 5   オイル交換はどれくらいの範囲で交換すれば良いですか。
  また良いオイルはありますか?

A 5

  オイルの種類は特別ありませんが、やはりベース車がトヨタでしたら
  トヨタ純正オイルが良いようです。今のオイルは安売りしてるオイル
  でも特別な物を除き、ほとんどのオイルはかなり良いグレードの
  オイルを使ってます。一般的に言われることは、良いオイルで長持
  ちさせるのではなく、そこそこのオイルでもこまめに変える方が良い
  様です。また、寒冷地向けのオイルも出ているようですので、お住
  まいの近くのディーラーさんにお問い合せください。
 
Q 6   よくランチョと言うショックアブソーバーを入れると乗り心地が良く
  なると聞きます。本当に良いのですか? また取り付けても車検は
  問題無いんですか?

A 6

  ランチョ等のショックアブソーバーを入れれば必ず良くなるという
  表現は難しいですね。第一、乗り心地とは好みも多くあるので一言
 では難しいですね。ただ、ほとんどのお客さんは良くなってると言わ
 れてます。元々ショックアブソーバーは減衰力を高める装置です。
 ですので、サスペンションストロークが長い車のロール対策には良い
 ようです。(4WD等) 但し、高速道路のつなぎ目や、砂利道などの
 路面の初期振動を拾いやすくなるので一概に良くなるとは言い切れ
 ません。車のサスペンション方式を変えないでショックアブソーバー
 だけを変える場合、ロール対策を強くするにつれて初期振動対策は
 悪くなります。逆に初期振動対策を強め、減衰力を弱めると、ロール
 しやすくなります。とはいえ、ほとんどの方の不満はロールにある様
 です。ですので、ほとんどの乗られてる方は、交換すると良くなって
 いると言われてます。尚、車検は全く問題ありません。







                  
                          HOME PAGE


 














キャンピングカーを探そうE-Camper Top

キャンピングカーを探そうE-Camper Main

キャンピングカーを探そうE-Camper UCS ANNEX中古車情報

キャンピングカーを探そうE-Camper UCS ANNEX新車情報

キャンピングカー&アウトドア検索 EC-SEARCH

http://www.annex-rv.co.jp/index.htmi

http://www.annex-rv.co.jp/index.htm

http://www.annex-rv.co.jp/qatop1.htm

http://www.annex-rv.co.jp/annex_campaerlife.htm

E-Camper 

http://www.annex-rv.co.jp/search.html

E-Camper1

E-Camper2

E-Camper3 

E-Camper4

E-Camper5

E-Camper6

E-Camper7

E-Camper8

E-Camper9

E-Camper10


Yahoo J

google

google J

infoseek Jp

biglobe

msn search

google.yahoo

altavista

Excite J

freefind

Microsoft