Camping car LINEUP キャンピングカーラインアップ

LIBERTY NS

カタログやサイトでは、各車種のポイントなどをご紹介しておりますが、
ここでは全車種に共通した素材や機器などに対するこだわりをご紹介いたします。
なぜその素材や機器をセレクトしたのか?その理由をご紹介することで
アネックスのポリシーをお伝えできればと考えます。
安価な機材や工法の効率化でコストを下げてもその結果は、必ず耐久性、メンテナンス面などで
お客さまのご不満につながります。
安心して永年お使いいただけるように考え、なおかつ50年の経験を活かして選択した素材や機器類。
アネックスのコンセプトである"ちゃんとする”を理解していただれば幸いです。


テーブルポール

ZWAARDVIS社(オランダ)のテーブルポールとブラケット。 主にマリン業界で活躍中のメーカー。 ベースにポールを差し込んだときのフィット感は他のメーカーにはまねができないのでしょうか? 完全に他を引き離してリードしていると感じます。
[全車種に採用]


チェッカープレート

ご購入いただいた後でFFヒーターを取り付ける際に役立つチェッカープレートです。 チェッカープレートはネジ止めですのでいざというときには取り外し可能。 燃料タンク脱着などと言った大がかりな工事を行うこと無くFFヒーターの取り付けが可能です。 燃料計を作動させるフロートが万一故障した場合にも心配無用。
[全車種に採用]


インセットコネクタ

板材に丸い掘り込み加工を行ってからコネクタを取り付けますので出っ張りが少なく、収納量を増やすことができます。
[全車種に採用]


ベルギー製ファブリック

10世紀頃にはすでに興隆を極めたと言われるベルギーの織物産業。 その歴史を感じさせる風合いはさすがです。 弊社では現地まで足を運びファニチャーとのコンビネーションを確かめた上で防汚加工を追加オーダー。
[全車種に採用]


LEDランプ

OFOLUX社(イタリア)は豊富なラインナップを誇る移動体向けLEDランプメーカー。 そのシンプルなデザインが魅力です。 かつてLEDランプが出始めた頃は青白い光が主流でしたが弊社は暖色系をリクエスト。 その翌年にはしっかりと暖色系ランプをラインナップしてくれました。
[全車種に採用]


バッテリー

VARTA社(ドイツ)のAGMバッテリーは環境先進地域である欧州で高い評価を受けています。 CO2を減らすためにアイドリングストップ、しかし空調等の電気設備は稼働させておかなければなりません。このときにバッテリーに大きな負担がかかります。 AGMタイプはこういった使い方に対応するため広く欧州車に採用されています。
[全車種に採用]


2点式シートベルトフレーム

車種毎にシートベルト取付専用フレームを製作。 車体に元々装着してある埋込ナットを活用することによって寸法精度と取付強度の安定を目指しています。
[バンコンバージョン各車種に採用]


ハニカムコア

車内の左右約1.6mの間隔を渡る二段ベッドマット。 人が乗っても壊れない強度を保ちながら、女性でもセッティングができるよう軽量さも求められます。 この二つの条件を両立させるのがペーパーハニカムコアです。 その強度はベッドには充分すぎるほど。 約300kgの荷重をかけた実験では歪みこそするものの破断することはありませんでした。
[ファミリーワゴン全車に採用]


丸パイプ端部のナット

頑丈さとシンプルなデザインを両立させるためパイプエンドにナットを埋込溶接しました。 家具表面の丸穴にパイプを差し込み、裏面からフラットバーを挟んでボルトを締め込むとパイプ取り付け完成。 ミルシート添付の高品質な材料を用い、寸法精度的にも申し分ない組立方法です。
[ファミリーワゴン、ファミリーワゴン L、E、Cに採用]


中蓋

座席の下のわずかな空間。 この中蓋があるからこそ、その空間を収納スペースとして活かすことができます。
[ファミリーワゴンC、E、L に採用]


ベッド兼用シート

RIB社(フランス)のベッド兼用シートALTAIR 3点式シートベルト、チャイルドシート用ISOFIX、埋込式のヘッドレストと肘掛け。 高機能であり、かつ合理的なデザインはさすがです。
[ファミリーワゴンSSに採用]


回転台座

TURNTECHはZOOOM社(ドイツ)のNV200用フロントシート回転台座。 現地で打ち合わせの上、採用を決定しました。 もちろんその強度はTUV検査機関のお墨付き。 ヨーロッパを走るNV200キャンパーにも採用されている優れものです。
[ファミリーワゴンSS-EUROに採用]


薄型断熱材

ポリエチレンエアバブルシートの両面をアルミシートと蒸着フィルムで挟み込んだ軽量薄型断熱材を採用。 厚みはわずか3mmですが優れた断熱性能を発揮します。
[WIZ、リコルソL に採用]


吊り棚用の補強フレーム

SUS304角パイプフレームを天井の形状に合わせて曲げ加工。 これは簡単なように見えて実はとても難しい加工なのです。 このフレームの穴に上部からボルトを通すことによって吊り戸棚は車体とボルトナットで結合されます。
[WIZに採用]


横向きシート用スライドレール

シートの状態からベッドメイクにかかる時間はわずか数秒。 この操作性を実現するために高剛性スライドレールを特注。
[リコルソに採用]


トリム取付用の溝

側面収納庫の奥は容積拡大のためにロワートリムをカットしたい。 しかし、そうするとアッパートリムがぐらついてしまうことに。 この問題を解決したのがアッパートリムにぴったりな一本の溝。 アッパートリムはこの溝の中にしっかりと収まり、ぐらつきはありません。
[ファミリーワゴンSS、SS-EURO]


ハイドロバック

1995年にセキソーボディ社様との提携を結び導入されたハイドロバックパネル製造技術。 欧米のほとんどのキャンピングカーと同じパネル方式。 なお且つフレームにアルミパイプを採用することによってすぐれた耐久性をも実現しています。
>断熱性能実験結果を見る。
[リバティ全車に採用]


XPS断熱材

スタイロフォームパネル(ダウ化工社)をボディパネルに内蔵しています。 断熱性能は発泡スチロールの約1.3倍以上と言われています。 また、完全密閉状態の気泡でできていますから万一の漏水や結露した水分を吸収することもあり得ません。 さらにラワンベニヤの20分の1という重さなので走行性能や燃費の向上に役立ちます。
[リバティ全車に採用]


ペイント

耐久性に優れるウレタン樹脂系塗料を大型ブースにてペイント。 さらに表面の光沢を整える磨き作業。
[リバティ全車に採用]


テールランプ

JOKON社(ドイツ)がプロデュースするキャンピングカー専用テールランプ。 欧州のキャンピングカービルダーが多数採用するJOKON社のランプは視認性に優れ、リアビューを引き締めます。
[リバティ全車に採用]


ダンパー

BILSTEIN(ドイツ)のダンパーを全輪に標準装備。 キャブコンオーナー様の大多数が経験するであろう突然の横風における車体のふらつきを軽減し、また、コーナリング時のロールを最小限に抑える役目を持っています。
[リバティ全車に採用]


配線敷設用の溝

吊り戸棚の下面に照明を取り付けた場合、普通は裏側に配線が見えてしまいます。 しかしこの配線が荷物の出し入れの邪魔になったり、逆に荷物が配線に不具合を引き起こしたりする可能性があります。 そういった問題を解消するため底板に配線が通るための溝を加工してあります。
[リバティNSに採用]


3点式シートベルトフレーム

UNEX METAL社(ドイツ)の肩ベルト高さ調整式3点式シートベルトフレームをサードシートに取付。 その無骨な形状が万一の事故から搭乗者を守ってくれます。
[リバティFSに採用]


マリングレードLEDランプ

PREBIT社(ドイツ)のLEDランプはマリン業界をターゲットとして製造販売されている商品です。 アルミダイキャストを採用したボディの精度はすばらしく、眺めているだけでも他社製品との違いがわかります。 さらに発光色が暖色系の3000°Kで統一されている上にディマー機能が内蔵されていますのでとても落ち着いたイメージの室内を作ることができます。
[リバティNS-S、W、FのTOURINGに採用]


家具用金物

HAFELE社(ドイツ)の家具用金物を多数採用。 モダンデザインファニチャーの本場で認められたその意匠と機能性はひと味違います。
[リバティ系に採用]


WOOD SPRING

通気性、弾力性、そして軽量。 いろんな観点からWOOD SPRINGはキャンピングカーのベッドに最適と言えます。 さりげなくて目立たない部品ですが実はこれも”HAFELE”です。
[ リバティLEに採用、リバティNS全車]


FRPデザイン

FRPの厚さはわずか3mm。 その厚み部分にアールをデザインしました。 たったこれだけのことですがボディ全体に滑らかな連続した印象を与えます。 実はこのアールを実現するためには生産型を分割型にする必要があります。 1台製造するたびに型の組立、樹脂成形、型を分解、清掃。 手間と技術の結晶です。
[リバティNSに採用]


化粧板

DNP社のEBコーティングにより製造された表面材を採用。 耐傷性能、耐汚染性能に優れ美しさが長持ちします。
[リバティNSに採用]


LIBERTY NS

ページトップへ
カタログ請求